更年期のシワ対策、栄養面とアヤナスで不足を補う方法

更年期のシワ対策、栄養面とアヤナスで不足を補う方法

更年期、シワが増える真っ只中!

 

私たち女性は、ホルモンによって一生左右されながら生きています。

そのホルモン量は、実にスプーン1杯のわずかな量です。

 

更年期の肌の変化は、乾燥を助長させ、シワ・たるみを一気に増やしていきます。

シワやたるみは、否応なく老化を真っ只中に感じるものです。

 

ここでは、更年期のシワ対策について、基本のケアと、食生活でのケアをお伝えします。

エストロゲンで潤っていた素肌が突然!

更年期の主役は、女性ホルモンのエストロゲン、エストロゲンの減少による身体への影響が問題です。

これまでは、このエストロゲンのお蔭で女性の肌は守られてきています。

女性ホルモン、エストロゲンはそのはたらきの一つに、皮膚表面にうるおいを分泌するという私たち女性にとっては、願ってもないようなありがた~い、役割を果たしてくれているのですね。

エストロゲンで守られている間は、お肌もそれ程、乾燥することもなくある程度、しっとり潤っていられました。

女性らしい脚線美もエストロゲンのなせる業です。女性が女性らしく、美しくいられるのはエストロゲンのお蔭なのです。

それまでの、ツルンとしたはじけるようなハリと、ゴムまりのようなふっくらした肌は、だんだんとその状態に変化がで始めます。

エストロゲンの減少は、身体もお肌も右往左往するのです。

そのエストロゲンは、20歳をピークに減少していきます。

 

45歳以降になると、ホルモンの変調により代謝が悪くなるため、脂肪燃焼も落ちていきます。そのため、女性の身体は太りやすくなります。

 

シワは、角層のバリア機能を復活させることが優先!

お肌にうるおいも分泌できなくなることから、乾燥肌へと進んでいきます。

乾燥からシワ・たるみへと老化を加速させます。初期段階での対策は、乾燥を防ぐことから始めましょう。

皮膚表面の失われたうるおいを外から与え、バリア機能を正常にすることから始める必要があります。

 

表皮の角層が正常に機能しなければ、真皮の弾力繊維を保つことは困難です。

シワの原因であるコラーゲン繊維の破壊を少しでも食い止め、柔軟にし、またコラーゲンの増殖を助けるために、真皮の繊維芽細胞を活性していくことが重要なことです。

 

そのためには、まず角層の機能を、少しでも良い環境にしなければいけませんね。

角層のバリア機能が正常ではないのに、真皮のコラーゲン繊維はしっかりしているなどと言うことはありえませんから。

角層がしっかりしてこそ、真皮の弾力が正常に保たれるのです。

アヤナストライアルセット

更年期だけのせいではなく、現代人のストレスという問題も肌には大いに関係します。

肌は、自律神経と密接なかかわりがあります。

ストレスが長く続くと、お肌が不調になることはすでに解明されています。

アヤナストライアルセット

ストレスは、血液の流れを悪くしてしまいます。

お肌は、血流が悪くなると、くすみがでて、うるおいもなくなります。外から見ると疲れた印象のお肌になります。

 

乾燥肌を助けるスキンケアを使うことが早道かと思います。

ディセンシア・アヤナスのスキンケアは、このストレスに対応するための成分を開発し、独自の技術で配合しています。

アヤナストライアルセット
更年期頃の肌状態はわりと敏感になったりすることもよくあることです。アヤナスは敏感肌用として開発されていますが、敏感肌用スキンケアにある物足りなさは感じません。

しっかりと潤いを感じるケアができて、私は大好きです。

 

使い心地も私は好きです。感触が。

とろみのある化粧水で、とろ~っと時間をかけながら浸透していく感じです。

香料としての香りは配合していませんが、わずかに感じる柔らかな香りは、自然にリラックスできる保湿としての香りです。

 

美容液や、クリームはふわ~っとして、とてもまろやかで、私は特に美容液が化粧水以上に気にいっています。あくまでも私の感想で、効果を保証するものではありませんが。

つけるとつけないとでは、何か肌が違うような気がします。

アヤナストライアルセット

ディセンシア アヤナス トライアルセット

・化粧水:アヤナス ローション コンセントレート 20ml/10日分

・美容液:アヤナス エッセンス コンセントレート 10g/10日分

・クリーム:アヤナス クリーム コンセントレート  9g/10日分

※プレゼント/アヤナスアイクリームコンセントレート 1回分

 

通常価格:2,700円(税込)

初回限定特別価格:1,480円(税込)

通常価格より、1,220円お得!

送料無料

振込手数料無料

30日間、返品・交換OK(使用後も、受け付けてくれます)

 

下記の添加物は使っていません

・アルコール・香料・紫外線吸収剤

・皮膚科医立会いテスト承認済み・アレルギーテスト済
・無着色

アヤナストライアルセット


シワ改善、食生活から見なおそう!

私たちは、毎日何気なく食事を摂っていますが、身体は、全て食べたものからできています。

お肌は特に今、食べているものを意識するだけで変わってきます。

 

例えば、油の多い食べ物を摂り過ぎると、体内で脂肪分が酸化します。すると、抗酸化物質の消費を促進します。

 

そして、余分な脂肪は顔にもつきますから、シワが増え、顔がたるみ、大顔になる原因を貯めることになります。

食材でなくても、サラダのドレッシングやマヨネーズ、そしてケーキ、コーヒーフレッシュなどにも多くの脂肪分が隠れていることを、忘れてはいけませんよね。

 

シワを作ってしまう、糖分の過剰摂取

主食に多い糖質を摂り過ぎると、シワに直結するコラーゲンが血中の余分な糖と結合する「糖化減少」が起こります。糖化したコラーゲンは、「糖化生成物(AGEs)」と呼ばれていますが、代謝されることがなく肌の中に溜っていきます。

 

結果、肌をくすませ、弾力を失いシワ・たるみができるようになります。

シワにレバー・ひじきなどの鉄分を積極的に!

皮膚の真皮でコラーゲンを生成されるとき、鉄分が必要を使います。

その時、鉄分が少なければコラーゲン生成がスムースに行われにくくなります。

鉄分は、美容はもちろん、貧血予防のためにも、体調を整えるためにも毎日とりたい食材です

 

肌荒れは、ビタミンAで解消しよう

歳と共に、肌からはどうしても水分が減少していきます。これに拍車をかけるのは、ビタミンA不足です。

 

ビタミンAは、目と粘膜のビタミンといわれるほど、皮膚にとって大切な栄養素です。ビタミンAが不足すれば皮膚は乾燥します。

 

放置すればひどくなり、かゆみがでたり、皮膚が持つ角質のバリア機能が働けなくなるので、細菌感染も起こりやすい状態になります。

 

美肌を保つために、ビタミンA、そしてもう一つ、ビタミンEは欠かせません。

何故なら、血行の流れが悪くなると、末梢まで十分に血液が回らなくなり、末梢の栄養状態が悪くなります。そのため肌を乾燥させる原因をつくってしまいます。

 

ビタミンAが豊富に含まれている食材

豚肉・鶏肉・スモークレバー・あんこう・やつめうなぎ・あゆ・うなぎ・海苔・他

 

シミやそばかすにビタミンCは必需品

シミ・ソバカスを薄くするには、ビタミンCが必要です。

ビタミンCは紫外線に対抗し、これ以上できるのを防いでくれるものです。これからも毎年身体には紫外線が蓄積されていきます。それを頭においた食生活をしていくと良いですよね。

さらに、皮膚の新陳代謝を促進し、美白の効果もあります。

 

ビタミンCはシミだけでなく、シワにも有効な栄養素です。

シワは、真皮にある弾力繊維のコラーゲンが破壊されてしまうことが原因です。

ビタミンCは、真皮のコラーゲンを産生する力を活発にする能力を持っています。

 

とはいっても、皮膚の新陳代謝は年々落ちていきますから、紫外線の強い季節には、外出の時間を工夫したり、短縮するなどの紫外線対策が必要です。

 

ビタミンCが豊富に含まれている食材

アセロラ・青汁・パセリ・煎茶・グァバ・焼海苔・ピーマン類・赤ピーマン・レモン・黄ピーマン・柚子の皮・芽キャベツ・ゴーヤ・明太子・他

 

 

眠れない時は、牛乳とバナナを

 

睡眠を十分とれないと、肌の回復に影響します。

安眠を誘う物質に、セロトニンというホルモンをつくるための、トリプトファンというアミノ酸を含む牛乳やバナナなどが、睡眠の質を高めると言われています。

 

寝る前の温かい牛乳は、身体を温めて緊張をほぐしてくれます。

冷たいものは、緊張型の交感神経が優位になってしまうので、寝る前には避けましょう。

 

 

腸内環境を改善

便秘がちな人は肌荒れしやすくなります。

食物繊維を多く含む食品や、発酵食品を積極的に摂ることが腸内環境を良くし、肌荒れを防ぎ、シワの予防につながります。

  

食物繊維を多く含む食品

玄米・海藻・こんにゃく類・ごぼう・りんご

 

腸に良い発酵食品

味噌・酢・納豆・ヨーグルト・キムチ・甘酒

 

シワの予防にコレを食べよう

牛すじ:

コラーゲンを多く含んでいる効率の良い食べ物です。居酒屋さんで良く食べるメニューですね。

家庭でも、圧力鍋で柔らかく煮込めば美味しくいただけます。

コラーゲンは熱を加えると水に溶けだす性質があります。野菜などと一緒に汁もしっかりいただきましょう。

 

鮭・マグロなどの魚:

魚類に多く含まれるオメガ3脂肪酸はコラーゲンやエラスチンの生成に必要な成分です。

鮭・マグロ・イワシなどに多く含まれていますから、シワ予防のためにも積極的に摂りましょう。

 

大豆食品:

豆腐・牛乳・納豆などの大豆食品にはイソフラボンが多く含まれていることでご存知だと思いますが、イソフラボンは、女性ホルモンに似たはたらきをします。コラーゲンの生成を促進するためには積極的に摂りたい食品ですね。

大豆食品には、良質な植物性のタンパク質を多く含んでいますから、シワ予防にとても良く、美肌に必要な栄養素がたくさん含まれている食材です。毎日、意識してとるように心がけましょう。

 

シワを増やさない、浅くするために、アヤナスなどのスキンケアやフェィスストレッチと共に、食生活は欠かせないケアと言えます。

それと同時に食生活も美肌を意識しながら肌に良いものを摂取することがシワ・たるみを増やさない、深くしない、逆に美肌を保つことに貢献します。

さぁ、まだまだ美しく、魅力的に変わることができます。是非何か一つでも参考になりましたら幸いです。




・ほうれい線はたるみと筋肉低下!5歳若見えする方法!

・40代シワのメイクを変える10項目


スキンケアカテゴリの最新記事