シワの入口は乾燥 乾燥改善でくすみがとれ色白肌になる理由

シワの入口は乾燥 乾燥改善でくすみがとれ色白肌になる理由

全ては乾燥からはじまる肌トラブル、シワ・たるみ

 

夏を過ごした肌は、乾燥とくすみ

紫外線で受けたダメージが、肌に残っています。何となくゴワゴワ感を感じるようになり、くすみを感じたり、シワが気になります。

 

乾燥した肌の状態

紫外線を受けた肌は乾燥して、角質の水分が失われています。

角質に水分が減少した肌は、肌の表面が細かくめくれた状態で粉を拭いたような状態になります。これが肌荒れの状態です。

 

このとき、何の対策もせずに放置するとどうなるか?大変なことになるのです。

 

肌表面の水分が失われると、肌内部の水分も失われます。

肌全体にダメージが拡がっていくのです。

くすみを感じる肌の状態

パサパサとめくれ上がった状態の角質が目立つようになります。めくれ上がった皮膚の下は影になります。それがくすみとして見えるわけですね。

 

くすみが気になるのは、シミが増えてはいないか?ソバカスが多くなってはいないか?など、こんなことが気になり始め、美白コスメを探し始める方も多いようですね。

 

もちろん、シミのでき始めは、くすみと勘違いしやすいので、シミが濃くなってしまうのではないかと、気掛かりなんだと思います。

 

乾燥から敏感肌に、カブレやすい肌に進む!

秋口は、空気が乾いているので、肌は乾燥しやすくなります。

 

乾燥した肌は、乾燥しているところの角質が起きて毛羽立っている状態です。

乾燥した肌をそのままにしておくと、敏感肌に進み、カブレを起こしやすい肌になります。そして、シワが増えていくということに。

 

 

全ての肌トラブルは、肌が乾燥することから始まります。

くすみを感じたら、乾燥を疑ってみるといいでしょう。

 

加齢とともに角質が厚くなり、シワ・たるみへ進む

加齢によりターンオーバーが遅延して、古い角質がたまっていて角質が厚くなっている状態です。古くなった角質には、メラニンを含んでいるので、くすみとなって見えます。

 

肌荒れやくすみを防ぐためには、生活習慣を見直すことも大切、というより先ず、生活習慣を改める方が効果も早いでしょう。

 

不規則な生活のあとのくすみ

睡眠不足やストレスを抱えると、血行不良になるため、肌が黒ずんで見えたり、くすんで見えることがあります。

 

くすんで見える肌の状態は、

・明るさがない肌

・肌に赤みが減って肌

・黄み寄りの肌色

・透明感がない肌

・ツヤが全くない肌

 

乾燥・肌荒れを進めてしまう生活習慣

喫煙する方はここ数年でかなり減っていると思いますが、念のために触れておきます。

タバコの煙は、活性酸素を体内に発生させます。

そして、酸化が進み、肌細胞に大きなダメージを喰らってしまいます。

煙からの影響なので、吸っている本人だけではなく、周りでその煙を吸わ

ざる負えない人にも、悪影響を及ぼすのですから、厄介なものです。

 

活性酸素とは、身体に「サビ」をつくることです。

過労や睡眠不足、ストレスも悪影響を及ぼします。

 

 

肌を潤わせるなら、ビタミンAとEを増やす!

肌は、体内の状態を表すバロメーターと言われます。

肌トラブルがある時は、疲労や睡眠不足、食生活のバランスを崩してはいないかを、振り返ってみることも大切なことです。

肌荒れを改善するためには、角層を正常にするはたらきがあるビタミンA、肌のうるおいをよくするビタミンE、細胞の活性化を促すB₂やB₆は、皮脂分泌を高めるはたらきをするので、乾燥肌の人には欠かせない栄養素です。

皮膚や粘膜を正常化する、ビタミンA

身体のあらゆる細胞の上皮細胞を正常に保ち、免疫機能を維持するはたらきがあります。

体内でビタミンAに変わる「プロビタミンA」と言われるカロテンは、抗酸化作用があります。

 

ビタミンAに変換するのが最も多いのが、ベーターカロテンです。

ベーターカロテンは、摂り過ぎても体内で必要な分だけビタミンAに変換されるので、過剰に摂っても、心配ないと言われています。

 

ビタミンAが足りなくなると、皮膚や臓器をおおう上皮細胞の細胞が硬くなって変質します。

発ガンを抑制すると言われている、この栄養素が欠乏すると、ガンを抑制するメカニズムが働けなくなってしまいます。

 

抗酸化作用のあるビタミンEで、サビツキを抑える

ビタミンEのはたらきは、酸化を防ぐ抗酸化作用です。

これが不足すると、肌にはシミができやすくなります。更年期障害も進む恐れがあります。

 

体内で発生した活性酸素により、細胞が酸化されると過酸化脂質ができます。

すると連鎖的に細胞を破壊したり、異常細胞をつくったりして、細胞の死を速めます。

 

しかし、ビタミンCは、自らが活性酸素と結びつくことにより、過酸化脂質の生成を防ぎ、細胞膜を酸化から守ります。

 

また毛細血管の血行を高めて、冷え症の改善をしたり、ホルモンをつくったり、分泌を促進させたりします。

 

シワには、コラーゲンの生成を助けるビタミンC

しわに起因する真皮

真皮のコラーゲンはタンパク質で構成されており、コラーゲンの合成にビタミンCは欠かせない栄養素です。

 

コラーゲンは、身体を構成するタンパク質の約30%を占めており、細胞と細胞をつなぐ結合組織や骨なども丈夫にするはたらきもあります。

 

ストレスが多いと、ビタミンCを消費する

ストレスが多い時には、ビタミンCをたっぷりとる必要があります。

それは、ストレスが加わると、副腎皮質ホルモンのアドレナリンが大量に分泌されるからです。

脈拍を速めたり、血圧や血糖値を上げるのです、その時にビタミンCを大量に消費するのです。

 

また、ビタミンCは、メラニン色素の沈着を阻害してくれます。シミやソバカスにも有効な栄養です。肌荒れは、外からも必要ですが、40代以降のホルモンが減少した後の肌には、内側からの改善がとても重要です。

 

ビタミンCとビタミンEは、一緒にとると効果的です。

ビタミンEが壊れかけた場合、ビタミンCから電子をもらうことで、再び元通りのビタミンEに戻り、働くことができます。

 

EとCは、一緒に協力し合い、細胞膜や脂質の酸化を抑えていることが、実証されています。

 

ビタミンA・E・Cを多く含む食材郡

ビタミンAを多く含む食材(ベーターカロテン)

含有量が多い順:

鶏レバー・豚レバー・あんこう・きも・うなぎ・蒲焼き・人参・西洋かぼちゃ・春菊・あしたば・モロヘイヤ・牛レバー

焼きのり・唐辛子・しそ・乾燥わかめ・パセリ・ほうれん草・にら・カブの葉

 

ビタミンEを多く含む食材

含有量が多い順:

あゆ・唐辛子・アーモンド・西洋かぼちゃ・筋子・ひまわり油・落花生・サフラワー油・カブの葉・油揚げ、まつの実・オリーブ・焼きのり・くるみ・ゴマ・春菊・さつまいも・生揚げ

 

ビタミンCを多く含む食材

含有量が多い順:

アセロラ・ブロッコリー・芽キャベツ・キウイフルーツ・赤ピーマン・イチゴ・レモン・レッドキャベツ

パセリ・青ピーマン・ニガウリ・モロヘイヤ・パパイヤ・オレンジ・西洋かぼちゃ

✤かぼちゃは、西洋かぼちゃも日本のかぼちゃも両方共、含有量は多いですが、その中でも西洋かぼちゃの方がより多いので、西洋かぼちゃと書きました。

 

老化、シワを遅らせるマッサージ

老化は誰しも避けられませんが、遅らせることは十分できます。

年相応に見える人と、うんと若く見える人といますよねー。

 

元々の童顔タイプで可愛い人もいますが、大抵の場合、努力が必要だと思うのです。

マッサージの効果は、血流を高めることです。

血流が高まれば、代謝が良くなるので、ターンオーバーも促進され、角質も正常に除去されていきます。乾燥はもちろんのこと、シワ・シミにとても効果的です。

 

マッサージというと、面倒に感じるかも知れませんが、化粧水をつける時に、一緒に

“ながらマッサージ〟を続けていると、肌が変わってきます。

明るく、透明感のある垢抜けた印象の肌に変わります。

マッサージクリームを使ってマッサージをしなくても、化粧水でついでにすればいいのです。

 

ただ、トロトロしたとろみのある化粧水が必要ですが。

私は、朝晩の化粧水を使う時、必ず実践していて、加齢によるトラブルの回避をしてきました。

 

ポイントは

絶対に指に力を入れ過ぎないこと。

指が十分滑るように、マッサージする化粧水をたっぷりとること

少しでも指が摩擦するようなことがあると、肌に負担がかかるのでよくありません。

摩擦を避けるためには、マッサージをするための化粧水を、たっぷり使うことが大切なのです。

 

仮に、マッサージのやり方が上手にできなくても大丈夫です。

 

DECENCIA アヤナスでのマッサージ

例ば、ディセンシア・アヤナスの化粧水は、トロトロして、十分なとろみがあるのでマッサージがしやすいです。

ディセンシア・アヤナスをご紹介しておきましょう。
アヤナストライアルセット

敏感肌専用として研究開発したコスメブランドです。

肌にそれほど困ったことがない私が、急に超乾燥肌になったことがあります。

かゆみと肌荒れとで困り果てて、ネットでコスメを探し、色々使ったうちの一つです。

 

いつも感じたのは、敏感肌専用のスキンケアって、無難過ぎて、よくも悪くもない、肌がきれいになるような気がしない。こんな印象しかありませんでした。

敏感肌にハリ肌「パンっ!」 DECENCIA

それがディセンシア・アヤナスだけこれまで使った敏感肌用のスキンケアとは、違ったのです。

感触・香り・保湿の持続性など全く違っていました。はじめはトライアルセットで購入しました。

 

はじめてボトルの蓋を開けて手にとり、顔につけた瞬間「え~っ これは何か違うー」と感じたのです。

これまでの物足りなさがなく、私の中で期待感がふくらんでいきました。

 

香りも、香りとしての香料ではなく、保湿を目的のものだそうですが、わずかに漂うその香りが私には心地よかったのです。コスメの香りは、一番はじめに蓋を開けた瞬間、鼻で感じるものですから、この時点で、人によって好き嫌いがあるものです。

 

これ位の香り、私にはとても気持ちよかったのです。

 

化粧水でマッサージをする習慣がある私は、トロトロ度も大切な要素です。

超乾燥肌になってしまい、かゆみも出ていたので、化粧水でのマッサージも、お休みしていたのですが、

 

かゆみさえ治まれば、早くマッサージをしたかったのです。

なので、私には、トロミ加減が重要だったのですね。

 

化粧水を手にとった瞬間、「ア~これいいー」と感じてスルスルと肌に伸ばしていきました。

たっぷりのトロミがしばらく肌の上にあり、ゆっくりと浸透していく感じがしました。

朝晩、化粧水をつけはじめて5日前後辺りで、かゆみが治まったので、本商品を定期購入しました。

敏感肌にハリ肌「パンっ!」 DECENCIA

 

ディセンシア・アヤナスシリーズトライアルセット詳細

・化粧水:アヤナス ローション コンセントレート 20ml/10日分

・美容液:アヤナス エッセンス コンセントレート 10g/10日分

・クリーム:アヤナス クリーム コンセントレート  9g/10日分

※プレゼント/アヤナスアイクリームコンセントレート 1回分

 

通常価格:2,700円(税込)

初回限定特別価格:1,480円(税込)

通常価格より、1,220円お得!

送料無料

振込手数料無料

30日間、返品・交換OK (使用後も、受け付けてくれます)

敏感肌にハリ肌「パンっ!」 DECENCIA


化粧水の次に使う、美容液がありますが、これが物凄く私には良かったのです。

コクを感じても、ベタつきがなくて、コクッとしたまろやかな感触なんですね。

 

しっかりとコクが・・・たっぷり感じられて、離せなくなりました。

購入するたびポイントがつくので、ポイントがたまると、この美容液のミニボトルをプレゼント品として選べるので、私はこれを毎回もらっています。

 

クリームを最後に使いますが、これもふわ~ッとした、まろやかな感触のクリームですね。

高価格帯のクリームに、よくある感触ですね。

 

ディセンシア・アヤナスで再び、マッサージをはじめ、今も続けています。

もう、乾燥もなく肌はいつもしっとり、潤っています。肌悩みもありません♬

 

あのひどい乾燥と、かゆみは一体何だったんだろうと思うくらい、忘れてしまいましたが、きっとストレスかも知れませんね。

 

スキンケアを選ぶのって難しいですね 💦💦(;´Д`)

一歩間違えば、大変なことに!

私はラッキーでした。

でも、これはあくまでも私が体験で感じたことですから、誰にでもあてはまるとは限りません。商品の効果を保証するものではないことを、付け加えておきます。



✤マッサージの手順

準備:とろみのある化粧水を、たっぷり手の平にとります。

化粧水が少ないと、手と肌の上で摩擦を起こすので、たっぷりとることが重要です。

 

くれぐれも少ない化粧水でのマッサージは、やらないでください。

朝晩ではなくても、夜だけでも大丈夫ですが、朝晩、化粧水をつける時、必ず行うと早く効果を感じることができます。

 

①手の平全体にのばし、親指と4本の指を全体にのばします。

指全体を広げて、外側へのばします。

顔の中央から外側へと、手の平を肌にピタッと密着させながら軽く滑らせます。

 

➁皮膚の薄い下瞼は、中指1本を使い指圧します。5回程繰り返しましょう。

中指の方が、力が入り過ぎることもなくちょうどよいのです。

 

③フェィスラインを、親指は、あごの下、4本の指は頬を横に滑らせます。

耳の下まで、指をすべらせます。決して皮膚を持ちあげないように。

 

④首は指全体を使い、下方向に化粧水を軽くのばしていきます。

首は皮膚が薄いので、決して力を入れないように、ただ化粧水をのばすだけという感じです。

首のリンパを流します。リンパを流すという目的があるため、首は下方向へ流します。

 

⑤耳を下に・横に・上に引っ張ります。

リンパが集まっている首と耳を、常にマッサージしておくと、リンパが常に流れているので、血流をよくします。朝晩実践しましょう。

乾燥を改善する方法をお伝えしましたが、無理なくできるものから始めましょう。

シワの入口は、乾燥から始まります。

乾燥を改善することはトラブルを未然に防ぎ、また早期の改善につながります♬♪

敏感肌にハリ肌「パンっ!」 DECENCIA


・ほうれい線はたるみと筋肉低下!5歳若見えする方法!


スキンケアカテゴリの最新記事