# 更年期美容セラミドで変わるという真実! # 乾燥肌とシワなら!

# 更年期美容セラミドで変わるという真実! # 乾燥肌とシワなら!

朝起きぬけに、自分の顔を鏡に映しだした時、顔全体がどんよりくすんでいて、目尻の小ジワが折りたたまれている~!

年齢を重ねると、シワやたるみが増えるのは、ある程度仕方のないことだと分かっているつもり!

とは言っても、年々これがひどくなったらどうしよう!

40代~50代前後の更年期あたりは、誰もが悩むところでしょう。

私も、もがき苦しんだ時期がありましたからねー(;´Д`)

 

年々、若さが失われてきていることを、認めざる負えない状況が増えてきます。

更年期の女性は、心も身体も微妙に揺れ動きますよねー

年齢肌にぴんっとハリ【TRINTYLINE】

 

同じ歳でも、見え方に差を生む!

さて、問題はそこから・・・

歳だから仕方ないとあきらめて、手をこまねいて過ごすか、少しでも若く美しくいるための努力をするかで見た目にも、精神的にも大きな差が生まれます。

同じ40代でもツヤツヤの美しい肌を保っている人もいれば、乾燥してシワっぽく、くすんでいる人もいますよねー。

肌上で感じる年齢肌、見た目にもうんと差がつきますよねー。

 

遺伝や健康状態なども影響しますが、何より大きいのは、正しいスキンケアです。

若い頃は、女性ホルモン分泌が十分あるため、自力で肌をうるおわせる力がありました。

ところが、更年期あたりになると、肌をうるおわせてくれる女性ホルモンは、うんと少なくなります。

若い肌は、多少の寝不足や疲れがあっても、女性ホルモンの力で一晩寝れば回復できます。

ところが40代を過ぎ、女性ホルモンが著しく減少すると、肌はうるおう力をなくしてしまい、乾燥の一途をたどるようになるのです。

更年期の頃は、その変化に戸惑い、悩むわけですね。

内側から潤いを出せなくなったら、外から潤いを与えるしかありません。

40代以降は、これまで使っていたスキンケアを見直したり、美容法を見直してみたりすることが必要なのです。

肌が変わっているのですから、今の肌状況にあったものを与えることが大切です。

これができているかどうかで、肌年齢は、見え方に大きな差が生まれます。

更年期からの美容効果は大きい!

今の肌状況にあったお手入れができているかどうかは、この年代では大きな差を生みます。

そのまま放置、或いは、何の対策もとらなければ、乾燥度は増していきます。

当然、シワ・たるみが増え、くすんだ肌になっていきます。

肌の機能は年々落ちていきますから、何もしないということは、肌機能が低下していく速度の方が勝っていくことになります。

少し努力して、きちんとしたケアをすると、結果は正直に現れます。

若い肌より、その差が大きく現れます。

若い肌はそもそも、肌体力がありますから、40代以降の肌と比べると、それほど落ち込みが

激しくありません。また回復力も旺盛ですから直ぐにきれいになります。

若い肌よりも、更年期肌の方が、ケアをすると効果をはっきりと感じるのです。

 

若い肌と年齢肌、角層と真皮環境はこんなにも違う

30代の肌と50代の肌とでは、皮膚の外側である角質層、皮膚の土台である真皮層の環境が全くちがいます。

 

 

若い肌【上の図】

30代の若い肌は、上の図に様に角質構造も真皮構造も、しっかりした細胞の整列があります。

これは、細胞間脂質の主成分であるセラミド構造が十分であるため、水分をしっかり抱え込むことができているので、肌にうるおいがあります。

真皮構造も、コラーゲンやエラスチンがきちんと、本来の三つ編み構造を示しており、弾力繊維がしっかりしています。そのため、シワやたるみがありません。

 

老化肌【下の図】

50代以降の老化した角質構造は、セラミドが減少しているため、セラミド構造を成しておらず、細胞と細胞の間にすき間ができ、すき間から水分が蒸発してしまうため、水分を保つことができません。これでは肌は乾燥するだけです。

真皮構造は、コラーゲン繊維が切れたり、本数が減少したりとコラーゲンの劣化が目立ちます。こうなると、肌は弾力を保つことができなくなります。

シワやたるみを引き起こしてしまいます。

角層のセラミドが減少すると、真皮構造にも大きな影響を与えます。

乾燥を放置すると、シワができるのはこのせいです。

 

 角質のセラミド減少がポイント!

角質同士をつなぐ細胞間脂質が、若い肌より減少します。

細胞間脂質は、セラミドが50%以上占めており、このセラミドが減少することが乾燥を進めるということが明らかになっています。

 

乾燥症状が特徴とするアトピー性皮膚炎でも、角層におけるセラミドの量がはっきりと減少していることが判明しています。

セラミドが十分あるということが、水分を保ち、バリア機能をはたらかせることができるのです。水分が保てなくなると、バリア機能がしっかり働くことができなくなります。

外部からの刺激物を防ぎきれなくなるため、トラブルを招いたり、アトピー性皮膚炎に進行したりします。

 

年齢を重ねるに従って、セラミド量が減少してしまいます。

そのため、肌は加齢とともに乾燥してしまうのです。

アトピー性皮膚炎の肌では、健常者の肌に比べて、セラミドの量が40%近くも減少しているというデータがあります。セラミドが乾燥肌であるアトピー性皮膚炎の改善に、貢献することが分かっているのです。

 

真皮のコラーゲン劣化がシワを呼ぶ!

ハリや弾力を持たせているのは、真皮にあるコラーゲンやエラスチン線維です。

さらに、真皮のうるおい成分である、ヒアルロン酸などの基質成分もあります。

コラーゲンを作っているのは、繊維の芽である線維芽細胞です。

 

この線維芽細胞が元気であることが、若々しい肌を保つ条件とも言えます。

ところが加齢現象や、紫外線などにより傷めつけられると、線維芽細胞のはたらきが衰え、コラーゲンやエラスチン、そしてヒアルロン酸などをつくり出すことができなくなります。

その結果、真皮の弾力低下が目立つことになるのです。

真皮の弾力低下は、シワやたるみを呼ぶことになるわけです。

 

ビタミンCが不足すると、コラーゲンはつくられない

ビタミンCには、抗酸化作用など、さまざまな生理作用があります。

コラーゲンには、ヒドロキシプロリンというアミノ酸が、多く含まれていますが、

これは、コラーゲンを作る時の、三つ編み構造をつくるためには、なくてはならないものなのです。

 

 

タバコの煙に含まれる成分は、コラーゲン分解酵素を増やします。

そして、コラーゲンを破壊していきます。

タバコは喫煙者だけではなく、周りの人の肌にも、悪影響を与えます。

 

 

ビタミンCは、喫煙やストレス過多により、不足するようになります。

ビタミンCが不足すると、丈夫なコラーゲンが作れなくなります。

ビタミンCは、紫外線、とりわけUV-Aを浴びても壊れてしまいます。

コラーゲンが作られるときに、最も重要なビタミンCが、紫外線を浴びて不足していれば、正常なコラーゲンを作ることができずに、ハリを失い、シワやたるみをつくってしまうことになるわけですね。

 

ビタミンCを多く含む食材

アセロラ・ブロッコリー・芽キャベツ・赤ピーマン・イチゴ・キウイフルーツ・レモン・レッドキャベツ

パセリ・ニガウリ・青ピーマン・モロヘイヤ・パパイヤ・オレンジ・西洋かぼちゃ

※かぼちゃは、西洋かぼちゃも日本のかぼちゃも両方共、含有量は多いですが、その中でも西洋かぼちゃの方がより多いです。

 

ストレスが多いと、ビタミンCを消費する

ストレスが多いと、ビタミンCを消費します。ストレスを感じたら、ビタミンCを普段よりたっぷりとることを、おすすめします。

 

ストレスが加わると、副腎皮質ホルモンのアドレナリンが大量に分泌されます。

脈拍を速めたり、血圧や血糖値を上げるのですが、その時にビタミンCを大量に消費するのです。

また、ビタミンCは、メラニン色素の沈着を阻害してくれます。シミやソバカスにも有効な栄養です。肌荒れは、外からも必要ですが、40代以降のホルモンが減少した後の肌には、内側からのケアがとても重要です。

 

うるおいのある肌は、水分20%含む

皮膚は、一番外側の角層に包まれています。

この角層には、15%~20%の水分を含んでいます。

そのため、肌に触れた時に、しっとりしてなめらかさを感じますね。

 

肌が、なめらかになる条件

❒ 肌表面(角層)が、15%~20%の水分を含んでいて、うるおっている

❒ 古くなった細胞と新しくなった細胞の入替り(ターンオーバー)が、円滑に行われていること

❒ 皮脂や汗の分泌が、正常に行われていること

❒ 角質細胞の水分が失われることを防ぐ、細胞間脂質が正常であること

❒ 皮膚の血液循環が、正常であること

 

 

ハリ・弾力がある肌の条件

❒ 角層に、適量な水分を含んでいて、うるおっていること。

 

❒ 真皮を、くまなく走っているコラーゲンとエラスチンの2つの繊維を骨組みとして、

その周りを埋めているゼリー状の基質(主にヒアルロン酸)が十分な量を保っていること。

 

❒ コラーゲンが網目状をつくり、そこにエラスチン線維が、からみついたような構造になって、ベッドのスプリングのような役割を果たしていること

 

乾燥肌対策のコスメは、セラミドの質と量で見極める!

セラミドを主成分として、高配合・高濃度で配合しているスキンケアをご紹介しましょう。

実は、気になっているオールインワンジェルがあって、購入してみました。

それが中々良かったので、ご紹介したいのですが、

ジェルとはいえ、ぷるんとした非常に濃厚で、クリームに近いかな~と思いますが、使うとクリームのような重~い感じがないのに、こっくりした濃密さを感じます。そしてしっとりするのに、べたつくという感じはないのです。

私は、顔にパール大を2個程度、首に1個分使いますが、肌がいつもしっとりしていて気持ちよいです。

しっとりするものは、いつまでもベタつきが残ることが多いですが、これはありません。

しかし、クリームの一歩手前という感触ですから、脂性肌の方には、ベタツキを感じると思いますので、おすすめしません。

乾燥肌の方でも、超乾燥という肌でなければ、これだけで済む肌は多いかな~と思いますね。

超乾燥タイプの秋冬は、クリームを足したくなる肌もあるかも知れません。

オールインワンですから、コレ1本でOKなのですが、そこは、肌の状況で足したり、引いたりすればいいと思います。

1本で、5役のはたらきをするということですが、

ただメイクをする時は、下地はやはり使った方が良いと思います。

下地はコントロールカラーやUVカット剤が配合されていますから、日中は必要ですね。

 

夜のケアに、洗顔のあと、これ1本つけて寝ても、翌朝しっとりしています。

肌によっては、ジェルの前に化粧水、後にクリームをつけてもいいと思いますが。かなり乾燥する肌でも保湿できると思います。

ベタツキを感じない、濃厚なテクスチャーですねー。私の一押しです!

 

トリニティーラインのセラミドは?

発売元:ドクタープログラム㈱ 大正製薬グループ

種 類:オールインワンジェル

年齢肌にぴんっとハリ【TRINTYLINE】



忙しい方には、時短・簡単、さらに保湿の持続力が長いので、大人気のジェルです。

 

オールインワンジェル

化粧水・美容液・乳液・クリーム・下地の5つの役割を1つにしたジェル

水を加えずに、95%以上の高濃度、美容成分をベースにしたジェルということです。

年齢肌に必要な48種類の美容成分を、かなり贅沢に配合していますね。

 

保湿成分として配合しているもの

天然型セラミド、モイストセラミド、レシチン、4種類のヒアルロン酸

マリンコラーゲン、

 

一番の主成分:天然型セラミドに注目!

成分の中で、配合成分の量が55%と、一番多い、天然型セラミドに注目してみましょう。

 

保湿:天然型セラミドについて

セラミドは、天然型と合成型があります。

 

天然型は、天然(動物)から抽出、精製したセラミドと、植物性セラミドがあります。

合成型は、合成(類似)セラミドは、本来のセラミドの構造を持つものと、持たないものも混ざっています。

 

天然型セラミドは

馬などの脳や脊髄から抽出された成分で、高価な化粧品成分です。

動物性のセラミドが出た頃は、牛由来が主流でした。

しかし、BES問題で安全に対しての懸念があるため、今では、天然型セラミドは馬に変わっています。

 

天然型セラミドは、肌に浸透しやすく、馴染みやすいのが特徴です。

使い続けることによって、セラミドの生産を増やすはたらきが期待できるとして、注目されているセラミドです。

 

このセラミド成分は、価格が高いのですが、トリニティーラインでは、よくこの価格で販売できるな~というのが私の感想ですが・・・。

 

一方、植物性セラミドは

とうもろこし、コメ、大豆、コンニャクなどの植物由来の成分で、比較的安価で大量生産できることがメリットです。コメ、大豆、麦などと違いアレルゲンになりにくいのが特徴ですね。

 

セラミドが肌から減少すると、肌(角層)がスカスカになり、外部からの刺激物が入りやすくなり、また水分が蒸散するために、乾燥が進みます。

 

小ジワなどさまざまなトラブルの原因を、つくってしまうのです。

天然の保湿成分である、セラミドが十分あると、角層はうるおいですき間なく満たされ、紫外線やほこりなど、外からの刺激を跳ね返せる肌になるのです。

 

ハリ・弾力成分としては、ホチキスポリマーα、ツボクサエキス、クアトロリフトなどが配合されています。

 

ホチキスポリマーαは、肌の表面に膜を張り、うるおいが蒸発するのを防ぐ成分です。

ハリ感を感じながら、ぷるっぷるにうるおいも感じるのは、きっとこのせいでしょうか。

年齢肌にぴんっとハリ【TRINTYLINE】

トリニティーライン・オールインワンジェル

 

トリニティーラインは、2010年から2017年までの8年間、連続で最高金賞を受賞しています。結構優秀なスキンケアという印象ですね。

年齢肌にぴんっとハリ【TRINTYLINE】

この手ごたえは95%の美容成分!

✤天然型セラミドで、高い保水力が実現!

 

✤48種類の美容成分で確かな手ごたえ!

 

✤ナノカプセルで、角層の奥深く迄入る、浸透力

 

ナノカプセルにしたことで、奥深くまで浸透できる設計になっていますね。

こっくりとした感触は、セラミドの濃度と量のテクスチャーです。

年齢肌にぴんっとハリ【TRINTYLINE】

トリニティーライン・オールインワンジェル詳細

内容量:50g  (パール粒2つ分程度の使用:1.5ヶ月分)

定期初回価格:1,900円(税別)

送料:無料

定期コースによる縛りはありません。

次回のキャンセル・変更は、発送日の10日前までに連絡すればいつでもOKです。

定期コースでの購入の方がお得な価格なので、定期コースがおすすめですが、

はじめて使う商品を、定期コースにするというリスクはありますよねー。

販売元も、そこのハードルは抑えていて、解約時には、一応、中止の理由を聞かれますが、

「肌に合わなかったから」「感触が好きでない」「金銭的に難しい」など続けたくない理由を話せば無理なく解約できます。

2回目以降の価格:10%off

※ トリニティーラインは、楽天より、アマゾンより、どこよりも、公式サイトがお安く安心して購入できます。

年齢肌にぴんっとハリ【TRINTYLINE】



30代以上の乾燥肌の方から、50代、60代の乾燥肌の方なら、コレ1本でのケアも可能です。

これまでスキンケアは数本使っていた方が多いと思いますが、そんな方は、はじめは物足りなかったり、本当にコレ1本でいいのかな~と不安があるかも知れませんね。

 

でも、使い続けて、肌がうるおうようになると、真冬以外では十分満足される方も多いと思います。

 

肌質によっては、秋から春先までは、

化粧水➤トリニティーライン・ジェルクリーム➤保湿クリームを使う方法も、更にいいかと思います。

更年期美容は、セラミドで変わるという真実は、実際に私が体験した真実です!

関連記事

・#乾燥シワ対策私はこうして #うるおい肌を手に入れた #アヤナス




スキンケアカテゴリの最新記事